びっくりドンキー高知インター
キーパー
松浦 理恵 さん
Q.どんな仕事をしていますか?
A.パートですが昼間の時間の責任者です。
ホールの仕事からバイトの面接までやります。
店では「キーパー」という立場で、簡単に言うと昼間の時間の責任者をやっています。忙しい時間帯はホールでのお客様の対応やドリンクづくりをしながら、全体のスタッフの動きをチェックしています。余裕のある時にシフト管理業務や、バイトやパートの面接を行うこともあります。最近は広報計画にも参加していますね。
Q.ヤマウチグループを選んだ理由は何ですか?
A.家庭と両立できる仕事だったことが一番の理由です。
これほど働きやすい環境はなかなかありませんでした。
子どものいる主婦が仕事を見つけるのは大変です。「子どもが急に熱が出たら休めるのか」と考えると、なかなかいい仕事がありませんでした。そんな時に出会ったのがこの店です。面接の時に「万が一の時は、みんなで協力してカバーしましょう」と言われて、ホッとしました。今は面接する立場として、私も同じ事を伝えています。
Q.仕事のやりがいは何ですか?
A.お客様との触れ合いで元気をもらっています。
すべて任せてくれることもやりがいになりますね。
実は私も仕事の壁にぶつかっていた時があったのですが、ある高齢のお客様から「あんたの笑顔を見るためにこの店に来とんや」と言われ、そのひと言で乗り越えられました。ちょっとしたお客様との触れ合いは、この仕事の魅力です。また、会社が仕事をすべて任せてくれることは、私にとっては大きなやりがいですね。
Q.どんな店にしていきたいですか?
A.主婦の目線でもっと店を変えていきたい。
高知の名物レストランになれると思います。
昼間の時間のスタッフは主婦が中心。働きやすい環境を整えてあげれば、力をもてあましている主婦が集まってくれます。この主婦の目線で、店をもっと良くしていきたいですね。例えば店内のPOPひとつにも、メッセージを込めることができるんです。いずれどこもやっていないイベントも開催して、高知の名物レストランにしたいですね。